脱毛前に日焼け止めを塗ると危険

脱毛前に日焼け止めを塗ると肌トラブルが起きやすくなるので注意!

脱毛期間中は紫外線対策はこれでもか、というくらい念入りに行わなければなりません。

でも、脱毛施術に行く前は日焼け止めを塗ると、肌トラブルが起こりやるくなるので注意が必要なんですよ。

日焼け止めにはいろんなタイプのものがありますよね。

シェル状やクリーム状、スプレータイプなどがある中で、脱毛施術前に使用すると肌トラブルを起こしやすくなってしまうタイプの日焼け止めはSPFの高い白くなるクリームタイプです。

塗るとお肌が白くなるということは毛穴も白くなっているということですよね。

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光線熱を照射することで毛根にダメージを与えるという脱毛方法です。

ですが、白くなるクリームタイプの日焼け止めを使用することによって脱毛効果が下がってしまうことになるんです。

つまり日焼け止めが毛穴に詰まってしまい、白くなるために毛穴に光が届かないんです。

日焼けは非常に気になるところではありますが、日焼け止めを塗らずに、洋服やアームカバー、防止等で肌の露出を極力抑えることで紫外線からのダメージを防ぎましょう。

脱毛施術当日は、肌に何もつけていかないのがベストです。

日焼け止めだけに限らず、保湿剤や夏場の制汗剤なども避けた方が良いです。

素肌にこういったものがついていると、ジェルの付きが悪くなったり、毛穴が詰まって十分な脱毛効果が得られない可能性があり、脱毛期間が伸びてしまうことになります。

どうしても日焼け止めや制汗剤などをつけて脱毛サロンへ行きたい場合は、施術前の着替えの時に拭き取りタイプのクレンジングなどを使用して落としておく必要があります。

ただ拭き取る時に、お肌にダメージを与えるようなゴシゴシとこするような拭き取り方をしないように注意しましょう。

ゴシゴシこすってしまうと、お肌がダメージを受けてしまうので、その後の脱毛施術で肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。

ただし、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用している場合は、こういった拭き取りのクレンジングだけではキレイに落ちない可能性がありますので、使用は控えるようにしましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック