選択式全身脱毛のメリット

選択式全身脱毛のメリット・デメリット!パーツはどこを選んだらいい?

全身脱毛していると海外旅行に行っても安心!

全身脱毛といえば体の隅々まで脱毛できるプランだと思いがちですが、そうとは限りません。

なかには選択式の全身脱毛もあります。

選択式全身脱毛とはいったいどのようなものなのか、メリットやデメリットを見てみましょう。

選択式全身脱毛のメリット

選択式全身脱毛とは、脱毛する部分を自分で選ぶことができるプランのことです。

例えば10ヶ所を自由に選択できる全身脱毛プランがあったとします。

全身脱毛で対応しているパーツの中から好きなところだけ10ヶ所選んで組み合わせることができるのです。

選択式全身脱毛のメリットとしては、まるごとお手入れできるプランよりも安くなるという点が挙げられます。

そして脱毛したくないところはそのままにできますね。

Vラインは脱毛してもIラインやOラインはほとんど生えていないし、敢えて脱毛したくないという人もいるでしょう。

ワキや腕・足など限られた部分にしかムダ毛が生えていない人は、20ヶ所以上のお手入れができる全身脱毛に申込んでも損です。

そんな人は必要な部分だけ組み合わせられる選択式全身脱毛がいいのです。

選択式全身脱毛のデメリット

選択式全身脱毛は脱毛範囲が少なくなる分、全身まるごとのプランより安くなります。

しかし中には選択式で選べるパーツの数では足りないという人もいるでしょう。

体全体のムダ毛が濃い人は、とにかく隅から隅まで脱毛したいものです。

10ヶ所に絞って選択したとしても、後から脱毛したいパーツが出てくるかもしれません。

そうすると追加で申込むしかなく、料金は割高になってしまうのです。

また、今まで気にならなかった部分も脱毛したパーツがあると、ほんの少しムダ毛が生えているだけで目立つようになります。

人より毛深い方だと自覚している人は、とにかく脱毛範囲が広い全身脱毛プランの方が無難です。

どこのパーツを選ぶ?

できるだけ必要なところだけに絞って全身脱毛したいなら、どのパーツを選ぶか慎重にならなくてはいけません。

まず最優先したいのは、ムダ毛処理を普段からしているところです。

ワキや足は剃っている人も多いでしょう。

ひじ下も剃ったりワックス脱毛したりする人は多いですね。

顔剃りをしている人も多いのですが、顔は全身脱毛と別扱いになっていることが多いので必要であれば別申込した方がいかもしれません。

そして次は服から露出して見えてしまうかもしれない部分を選びましょう。

うなじや背中上部、水着を着る人はVIOラインも大事です。

さらにもっと選べるところがあるなら、剃ってなくてもムダ毛が気になるところを選びましょう。

手の甲やお腹の毛がどうしても気になって仕方ないという人は、そのパーツを組み合わせてみましょう。

このように優先すべき順序でパーツを選んでいきます。

一般的にはワキ、ひじ上下、ひざ上下、うなじ、背中上部、Vラインの8ヶ所を押さえておけば、水着を着るときにも困らないです。

ぜひこの例を参考にして、上手に選択式全身脱毛をして下さいね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック