脱毛が無理な病気や肌状態

一部の病気や、お肌の状態が悪い場合は脱毛が出来ないことも


脱毛サロンでの脱毛施術は、ほとんどの人が受けることができるんですが、一部の病気の人や、お肌のコンディションが悪い場合は受けられない場合があります。

病気の既往や現在服用中の薬などに関しては、必ず事前に脱毛サロンのスタッフに確認されますが、脱毛をしたいからといって嘘の申告をしてしまうと、のちのち大変なトラブルになってしまうこともあります。

例え脱毛施術を断られることになってしまっても、病気の既往の申告はきちんとしましょう。

◆脱毛施術を受けられない病気

ペースメーカーや人工心肺を使用している人は、脱毛マシンを使用すると電気信号を乱してしまう可能性があるため、脱毛施術を受けることができません。

またホルモンバランスが乱れるような疾患、例えば糖尿病や甲状腺異常などがある場合も脱毛施術を受けることはできません。

ホルモンバランスが乱れるような疾患があると、お肌がとてもデリケートです。

脱毛施術を受けることで、肌トラブルが起こる可能性が高いため施術は断られてしまいます。

また脱毛効果が出にくいという理由もあります。

◆脱毛施術を受けられない肌状態

日焼けをしている人やタトゥーを入れている人、怪我をしている人は脱毛施術を受けることができません。

日焼けに関しては、日焼けの程度によって施術を受けることはできますが、肌トラブルを避けるために、照射パワーを下げての施術になってしまうので、脱毛効果が弱まってしまいます。

こんがり焼けてしまっていると、メラニンに反応するフラッシュ脱毛では黒くなったお肌にエネルギーが向かってしまうため、火傷になる可能性が非常に高くなるため施術を受けることができません。

タトゥーも日焼けと同じで、火傷になる可能性が非常に高いのでNGです。

タトゥーが小さければタトゥーを入れている部分を避けて脱毛することは可能です。

またお肌が傷ついている場合も、脱毛施術をすることによって炎症や火傷になってしまう可能性が高いので脱毛施術を受けることができません。

脱毛サロンで脱毛が受けられない場合は、電気シェーバーなどお肌に優しい脱毛方法でお手入れを行いましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック