不妊治療中の全身脱毛

不妊治療中なら全身脱毛はどうやって進める?

不妊治療中なら全身脱毛はどうやって進めるのがいい?

晩婚化が進んでいると言われていますが、そのこともあってか不妊治療をしている女性も多いですね。

恐らく全身脱毛しようと思っている人の中にも、不妊治療をしている人が多いと思われます。

しかし不妊治療中と全身脱毛は、一緒に進めることができるのでしょうか。

不妊治療中だと全身脱毛できないかも!

もし現在不妊治療中だったら、残念ながら全身脱毛できない可能性は高いです。

脱毛サロンでは病気治療中、もしくは薬を服用中の人の施術を断ることが多いです。

これは薬などに含まれる成分で副作用を起こしてしまう恐れがあるからなんですね。

不妊治療の場合でも薬を飲んだり注射を打ったりするでしょう。

このような治療行為の副作用で、脱毛に対し何らかの影響を及ぼすかもしれないのです。

特に不妊治療はホルモンバランスがこれまでと異なってくることがあります。

脱毛サロンは医療機関ではないので、どのような影響があるか判断できません。

そのため、万が一のことを考えて不妊治療中は脱毛を断るのです。

サロンによっても異なる対応

病気治療中、薬服用中は脱毛できない恐れがあるのですが、実は脱毛サロンによっても対応が異なることがあります。

服用中はどんな薬でも禁止としている場合もあれば、医師に確認して問題が無ければ脱毛してくれるサロンもあります。

もしくは数日服用を避ければ、脱毛施術をしてくれるケースもあります。

不妊治療中でも施術日を避けてホルモン剤を服用すれば、脱毛してくれるかもしれません。

しかしホルモン剤を服用しないときでも、今度は妊娠の可能性も高くなってきます。

妊娠していればもちろん脱毛もできません。

特に不妊治療のことをサロンに伝えず全身脱毛を受ける人もいますが、黙っているのはよくないです。

やはりかかりつけの医師と脱毛サロン、どちらにもしっかりと伝え、並行して施術を進められる方法があるのかを相談するべきです。

どっちを優先する?後悔しないようによく考えよう

全身脱毛はとても長い期間がかかり、2年以上かかるケースもあります。

不妊治療の場合は目的が達成できればそこで終わるものの、その後は妊娠・出産・育児でしばらく脱毛できなくなります。

それにいつ目的が達成されるのか、はっきりしないのもつらい点ですね。

不妊治療、全身脱毛、どちらを優先すべきなのかはやはりそれぞれの状況に応じて異なってきます。

妊娠もタイミングがとても大事なものなので、後悔しないようにしっかりと考えてから決めましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック