全身脱毛の時の服装

全身脱毛するときの服装はどんなものがいい?

全身脱毛するときの服装はどんなものがいいの?

初めて脱毛するときには、サロンに行くときの服装にさえ悩んでしまいがちです。

脱毛するときには施術着やガウンに着替えるので服装は自由ですが、あまり着ない方がいい服もあります。

全身脱毛するときにはいったいどのような服装がいいのか、注意点をチェックしてみましょう。

脱毛するパーツをチェックして

脱毛ラボやエタラビなど、全身を四分割して施術するサロンも多いですね。

そのため、日によって施術するパーツが異なるでしょう。

全身脱毛をする日の服装で気をつけるためには、本日施術する箇所がどこであるかを先にチェックする必要があります。

そしてその脱毛予定のパーツを圧迫してしまわないような服装を心がけるといいでしょう。

摩擦や圧迫は肌の刺激になってしまうので、脱毛施術後の肌への悪影響が心配です。

例えばひざ下脱毛が予定に組み込まれている日は、デニムのスキニーパンツやロングブーツをはかない方がいいでしょう。

施術部分を圧迫させずあまり蒸れない!このような服装が理想です。

下着はどうする?

恐らく一番気になるのが下着なのではないでしょうか?

施術するときには服を脱いでタオル地の施術着に着替えるのが一般的ですが、その際に下着をどうすればいいのかが悩みどころです。

もしVIOラインの脱毛でなければ、脱ぐ必要はないでしょう。

ただし他の部位の施術前に塗ったジェルがついてしまうことがあるため、念のため替えを用意した方が安心です。

また、VIOライン脱毛のときには紙製のショーツをはいたままで脱毛することが多いのですが、サロンによっては有料になります。

もし購入しなければショーツを脱いで施術することになります。

最初は恥ずかしくてショーツを購入している人も多いのですが、だんだん慣れてきて必要無くなる人もいます。

脱ぎ着のしやすい服装がベスト

肌も圧迫せず、脱ぎ着しやすい服装が理想的です。

サッと脱いでスピーディーに施術着に着替えれば、ムダな時間を費やすことなく脱毛ができます。

だけど無理なく脱毛するにはやはり脱ぎ着のしやすさは大事なのです。

特に気をつけたいのは締め付けの強い矯正下着です。

ボディスーツやコルセット、ガードルなどは圧迫感もあるので、全身脱毛時には向きません。

全身脱毛を申し込んでもサロンにくるときの服装まで制限はないので、特に注意されることはありません。

だからこそ自分で気をつけていかなくてはならないのです。

服装にも気を配って、快適に全身脱毛を進めましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック