全身脱毛と妊娠

全身脱毛は妊娠に影響がある?おめでたが発覚したときの対処法

21

新婚さんなら、妊娠を待ち遠しく思っている人も多いでしょう。

そこで気になるのが全身脱毛の体への影響です。

もし妊娠が分かったら、全身脱毛はどうなるのでしょうか。

妊娠中は脱毛できない

妊娠中は全身脱毛だけではなく、部分脱毛もできません。

これは光が悪影響を及ぼすという理由から禁止になっているわけではありません。

妊娠するとホルモンバランスが変わります。

体を保護しようとして一時的に毛深くなる人が多いですね。

そんなときに脱毛しても効果はないのです。

また妊娠中はちょっとしたことでお腹が張ったり体調が変化したりします。

そのような事態に脱毛サロンのスタッフは対応できないため、妊娠中の脱毛は一切お断りしているのです。

妊娠を知らずに脱毛してしまいお腹の中の赤ちゃんに何か悪い影響があるのでは?と心配する人もいるでしょうが、あまり気にしないでも大丈夫です。

気になるならちゃんと病院で検査してもらい、安心しましょう。

でも上記の理由から妊娠中の脱毛は相応しくありません。

おめでたが発覚したらサロンへ連絡

おめでたが発覚したら、すぐにサロンへ連絡しましょう。

妊娠初期はつわりが酷く、サロン内の機械や化粧品の匂いで具合が悪くなるかもしれません。

お腹が大きくなったら施術台の上に登るのも大変だし、お腹が張ってしまいます。

まずは妊娠したので脱毛を中止したいとサロンに伝えましょう。

脱毛サロンでは妊娠時の脱毛中断について、様々な保証制度を設けています。

保証期間の延長、休会制度などです。

一旦お休みして再開するのもいいですし、キャンセルするのも自由です。

ただし連絡は早めにしないと手続きにも時間がかかってしまいます。

また、妊娠の可能性がある人は、全身脱毛申込時に妊娠時の対応について確認しておく必要があります。

出産後の脱毛復帰はいつ?

出産後の脱毛復帰は、出産して体力が戻ればいいというものではありません。

妊娠前のホルモンバランスに戻っていると判断できてから脱毛が再開できるのです。

その目安が生理開始して2回以上経過か、授乳育児が終わってからとなります。

授乳育児をしている間はホルモンバランスもなかなか戻らず、生理がくるのも遅くなります。

それに出産後は育児も大変です。

落ち着いて脱毛再開ができるのがいつになるのか分からないという人は、思い切って中途解約しておいた方がいいかもしれませんね。

解約するときにも手数料がかかるのかをサロンに確認しなくてはいけないので、再開するかどうかはなるべく早めに決定しておきましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック