脱毛後の赤みは約2~3日で収まる

脱毛後の赤みは2~3日ぐらいで収まるので慌てないで

自分で脱毛処理をしている人はたくさんいますが、その際悩まされるのが切り傷や炎症などを含む肌トラブルだと思います。

せっかく毛を処理して綺麗な肌になって、ミニスカートやショートパンツ、ビキニなどを着たいから頑張っているのに、肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒ですよね。

なので、肌トラブルを避けたいならやはり脱毛サロンで処理をしてもらうのが一番だと思います。

プロのエステティシャンの方が施術をしてくれて、しかもアフターケアもしてくれるので肌トラブルを起こすということがほとんどありません。

しかし、稀に施術後にちょっとした異常が見られることがあります。 よくあるのが、施術後に皮膚や毛穴が赤くなってしまうという症状。

光脱毛やレーザー脱毛は熱による施術を行うので、どうしても肌に熱がこもってしまう場合があります。

その場合は日焼けをした後と同じように、冷たく冷やしたタオルやガーゼなどで肌を冷やすようにしましょう。

保冷剤や氷をタオルでくるんで肌に当てるのもいいと思います。

通常脱毛後の赤みというのは2?3日、長くても1週間程度でひいてしまう場合がほとんどなので安心して大丈夫です。

もし、3日過ぎても赤みだけでなくヒリヒリ感など刺激が残っている状態でしたら、もしかすると火傷をしている場合があるのですぐにサロンに電話して相談をするようにしましょう。

そして赤みが出ている場合ですが、絶対に紫外線を浴びないよう注意しましょう。

そもそも脱毛サロンに通っている時は赤みが出ていても出ていなくても紫外線対策は必須なので、UVケア用品は毎日つけるようにしましょう。

脱毛後、施術した部分に稀にニキビのようなものが出来てしまうことがあります。

それは毛嚢炎と呼ばれるもので、毛包内が傷ついてそこに菌が入り、膿んでしまうというものです。

大抵の場合は菌が繁殖する前に治ってしまうのですが、肌の抵抗力が落ちている時は毛嚢炎になりやすいのです。

この場合、肌を清潔に保つことが大事なのでエタノール入りの化粧水で肌をケアするようにしましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック