シェービング代 ムダ毛処理

シェービング代を取られたくない場合は必ず脱毛日までにムダ毛処理しておくこと!

脱毛施術当日までにやっておかなければいけないこと、それがムダ毛の自己処理です。

脱毛中ももちろん、脱毛を始める前よりはかなりムダ毛の量は減っていますがちゃんと生えてきます。

ムダ毛が伸びた状態では脱毛施術が受けられませんので、予約している日の1?3日前に処理をしましょう。

ほとんどの脱毛サロンでは、シェーバーのサービスがありません。

一部のサロンではそういったサービスがありますが、有料でのサービスです。

金額はだいたい500円くらいです。 自分で処理しておけばタダだったのに、500円の支払いはもったいないですよね。

せっかく予約をして脱毛サロンに行ったのに、ムダ毛を処理し忘れたからと言って、脱毛施術を受けられず、とんぼ返りになってしまうのは辛いですよね。

ムダ毛が伸びた状態でなぜ脱毛施術が受けられないかというと、脱毛マシンから照射される光がメラニン色素に反応する仕組みだからです。

ムダ毛ごと照射すれば、お肌が炎症を起こしたり火傷したりする危険性があるので、施術を断られてしまうんです。

ですから前日までにちゃんと処理しておくことが大切です。 そしてムダ毛の処理は、脱毛施術当日には行わないようにして下さい。

自己処理すると言うことはお肌に対してダメージを与えることになります。

その自己処理でダメージが当たったお肌に、さらに脱毛マシンからの光線熱でダメージを与えるのですから、肌トラブルを起こしやすくなっていまいます。

脱毛施術前の自己処理には、カミソリよりも電気シェーバーがおすすめですよ。

カミソリと違ってムダ毛を剃る時にお肌まで一緒に削ったりすることがなく、表面のムダ毛だけをカットするので、お肌を傷めることもありません。

電気シェーバーは電気量販店やネットで3,000円前後で売られています。

間違っても毛抜きや抜くタイプの家庭用脱毛器などで、ムダ毛を抜いたりすることがないようにしましょう。

ムダ毛を抜くのは、お肌にとって一番ダメージの大きい脱毛方法です。

脱毛中にムダ毛を抜いてしまうと毛周期が乱れてしまい、結果脱毛期間が伸びてしまいます。

脱毛が失敗する原因になりますので注意しましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック